カテゴリー
金曜

肉便器を緊縛する

昔付き合ってた人が極Sの人だったんですよね。
本人も自覚あったみたいです。
肉便器を緊縛するのが好きで、どこからか仕入れてきた女性を性奴隷みたいにしてしばらく置いておくんです。
その世話をさせられたりしました。
最初は、私も違和感を覚えたんですが、だんだんその極Sの感覚に麻痺してしまっていて・・・無感覚でしたよね。
最終的には、肉便器を緊縛する時、立ちあうこともありました。
彼1人では無理な時もあるので、サポート役として使われてました。
実際、私を緊縛することもありましたが、練習用として、という感じでしたね。
彼が肉便器を緊縛するのは、相手のことを全く知らず、ただの物体、客体としてしか認識してないモノの方がいいらしいのです。
肉便器
私とは、結構長く付き合っていたので、緊縛の相手としては使われなかったです。
その肉便器として連れて来られた女性も、どういう女性なのか分かんないですね。
毎回違う人でした。彼が自分でネットで声かけて誘ってるのか、そういう肉便器を手配する業者がいるのか・・・
中には言葉が分からないような外国の女の子もいましたよ。
彼の場合、肉便器を緊縛するだけで、それ以上はしなかったみたいです。
緊縛された肉便器を見ながらオナニーするのが好きだったようです。
そういう意味では、女の子も比較的傷が少なくて済むかもしれないけど、心理的な恐怖ってありますよね。
私もだんだん彼と一緒にいて感覚壊れてた自覚はありますけど、それでも連れて来られた女の子のことを思うと、今でもイヤな気分になりますね。
Jメールアプリ
ワクワクメールアプリ